がん治療サバイバーMikiさんの101人目の名医が主治医

がん治療の記録&介護日記…去年一年間の様子を中心に過去の事やこれからの事

あの時の…。

f:id:osalchang:20170924003219j:plain

手術の後、


2日目位から


病院の廊下を行き来して


次第にお話の相手が増えた。


子宮手術専門の入院棟


あの時のあの子もあの人も


みんな私よりずっと若く


私もその後に被った布の帽子


それを見ると


あ、抗ガン剤やったんだ…


初めて話す時には


どうしてもそう想ってしまう


可愛い彼女は


手術前に抗ガン剤をやっていて、


やっと手術出来るようになったの…


私は、


副作用が怖い…


って話すと、


今はね、昔ほど辛くないよ…


でもね、血管が必ず痛くなるの…


それがいや…


って言っていた。


とても可愛い女性


小さな可愛いお子さんと


ご主人と一緒に。


手術後の回復は、


さすがに早かった。


私の退院時には


同じくらいの回復してたと想う


明日で退院なんだって言うと


淋しい…って言ってくれたから、


しっかり両手握って


頑張って、活きようね‼️


そう固く誓った。


あの時のあの子も


あの人も…


その時話した1人1人と


活きようね‼️って約束をした


あの子も


あの人も


今も元気に活きぬいていて…